東松山市で歯科・歯医者をお探しなら、佐藤歯科クリニックへ。

一般・予防歯科

虫歯とは

虫歯とは

お口の中には多くの口腔常在菌という細菌が存在しています。
この中には「ミュータンス連鎖球菌」を中心とするう蝕(虫歯)原因菌が存在し、これらは食べもの、特に砂糖やでん粉等の糖分から酸を作り出します。
糖分の中でも、砂糖の主成分であるスクロースは酸産生能が高く、キシリトール等は低いと言われています。
う蝕原因菌と酸、食物残渣、唾液は結合し、歯垢となって歯に沈着します。
歯垢が歯から取り除かれないと次第に歯石へと変化していきます。歯垢や歯石は細菌の温床となるわけです。
それらを放置してしまうと、周囲の歯肉を刺激し歯肉炎となり、最終的には歯周病を引き起こします。

一方で、細菌が作り出した酸はエナメル質を溶かし歯に穴を作っていきます。最初期の段階では、エナメル質の抵抗性と歯の再石灰化のため、エナメル質表層は溶けず、その下から溶け始め、エナメル質の表層下脱灰といいます。
この段階はまだ初期齲蝕であり、唾液による表面の再石灰化により、歯が元に戻る可能性があります。
その再石灰化で補うことのできないレベルまで歯が溶けた場合には、痛みを感じる虫歯に発展していくというわけです。

 

虫歯の危険性
  • 痛みが出てきておいしくご飯が食べられなくなったり、夜眠れなくなったりします。
  • 痛みを我慢していると歯の神経が死んでしまい一旦痛みは治まることがありますが、そのまま放っておくと歯の中の細菌が増殖してまた痛みが出てきたり、残っている健康な歯に悪影響を与える恐れがあります。
  • 進行した虫歯を放っておくと、最終的には歯を抜かなくてはならなくなります。
  • 大きな虫歯をそのままにしていたり、歯が抜けたままにしておくと、歯並びが悪くなったり、噛み合わせが悪くなったりして、残っている全ての歯に対して悪影響を与えることもあります。

 

虫歯治療の基本は「取り除く」ことです!

実質欠損、簡単に言うと歯に穴が開いてしまった状態では自然治癒は望めません。
エナメル質の実質欠損が少ない場合は再度石灰化して元の健康なエナメル質に回復させる治療もあります。
しかし、基本的には細菌に犯されてしまった病的な歯質は取り残しがないように全て取り除く事が虫歯治療において必要になります。

当院では、痛みを軽減できるよう配慮しておりますので、虫歯になったら必ず歯科医院に行って治しましょう!

歯周病とは

歯周病とは

歯周病とはその名の通り「歯の周囲の組織に化膿性の炎症が起こる病気」です。
最初の症状はほとんど痛みもなくじわじわと進行し、そのうちに歯ぐきが腫れたり、口が臭うようになったり、歯がグラグラと揺れて…歯医者さんに行ったときには、歯を抜かなければならなくなった、というようなこともしばしばあります。

 

歯周病の危険性

日本人の成人の約8割が歯周病かその予備軍といわれ、多くの方が歯周病は大した病気ではないと考えているようです。
しかしそれは大きな間違い。歯周病は糖尿病や心臓病、肺炎、早産、低体重児出産などを引き起こす原因になることもあるといわれています。
深刻な病気になってしまわないよう、歯周病と向き合い、しっかり治療していかなくてはなりません。

 

起こりえる歯周病の影響
糖尿病

糖尿病になると、バイ菌に抵抗する力が低下し、歯周病が発症・悪化しやすくなります。最近では、歯周病の治療・管理をおこなう事で血糖値が改善したとの報告があり、歯周病と糖尿病は密接な関係があります。

心臓血管系

歯周病が悪化すると原因菌などが毛細血管に入り込み、血管に作用して動脈硬化や狭心症、心筋梗塞を引き起こすという報告があります。

誤嚥性(ごえんせい)肺炎

高齢の場合、飲み込む機能が低下して、知らないうちに唾液に混じった歯周病の菌などが気管や肺にまで入り込み、肺炎を起こすことが知られています。

妊婦さん

中等度や重度の歯周病にかかっていると、体重の少ない赤ちゃんを早産する割合が高いという報告があります。妊娠中は歯肉が腫れやすいので、進行させないように注意が必要です。

 

歯周病治療の基本は歯のお掃除です!
歯周病治療の基本は歯のお掃除です!

歯周病の最大の原因は細菌が作り出すプラーク(歯石)です。
歯周病治療において一番重要な事はプラーク(歯石)を徹底的に口腔内から除去して清潔な状態を維持する事です。
歯の表面に付着したプラーク(歯石)は歯磨きなどで除去する事ができますが歯肉溝・歯周ポケットに蓄積されたプラーク(歯石)は歯科医師もしくは歯科衛生士でなければ完全に除去する事ができません。

歯科医院に行ってプラーク(歯石)を除去する「スケーリング」や歯周病の原因になる細菌を除去する「PMTC」を歯科医院で行うことも歯周病進行の予防になります。
また、主治医の先生や担当衛生士さんに正しいブラッシング法を指導してもらい、「歯周病の予防=歯周病の治療」という認識を持っていただいて、常に歯を清潔な状態にしておくことも大事です。

予防歯科

予防歯科

これまで歯科医院には「歯が痛くなった時に行く」と考えられてきました。
しかし、歯は治療するたびにダメージを蓄積しもろくなってしまいます。
ご自分の歯を長く使うためには、発症する前に予防するのがいちばん。
近年では、歯科医院は「予防のために行く」という考え方が広まっています。
予防歯科を受診すれば、虫歯や歯周病などの歯のトラブルを未然に防げ、天然歯を削ったり抜いたりしなくて済みます。
皆さんもこれまでの認識を変え、積極的に予防歯科を受診しましょう。

私たち日本人のほとんどは、歯科医院の役割が治療だけだと思っています。しかし、そう思っているのは、日本人だけのようです。
今や世界では予防のために歯科医院を利用することが当たり前になっているのです。予防歯科のポイントは、定期的に通うこと。
定期的に口腔内のチェックを行うことでお口のトラブルやその兆候を見逃さず、もし治療が必要になったとしても、早期のうちに対処が可能になり、ダメージを最小限に抑えます。
さらに、専門的な予防処置で口腔内の衛生状態を常に一定に保ちます。
予防歯科はお口のトラブル回避にとても大切な役割を果たしているのです。

 

予防処置
定期健診
定期健診

当院の予防歯科では定期検診を積極的に勧めています。
医師が患者様の口腔内をくまなく診察し、虫歯や歯周病、そして咬み合わせのチェックを行い、前回の検診時との違いがないかを確認。
専門的なクリーニングや必要に応じた予防処置を行います。
また、ご希望の患者さんには生活習慣の指導も行い、適切なアドバイスをします。
定期的に生活習慣を見直すことも、歯の健康にはとても大切です。
歯の病気のリスクを回避するため、キレイな状態を保つためにも、定期検診は一定の間隔できちんと受診しましょう。

 

ブラッシング指導
ブラッシング指導

「ちゃんとブラッシングしているのに虫歯になってしまう」という方は、正しいブラッシングができていないのかもしれません。
実はブラッシング方法は、歯の生え方や状態によって1本1本異なるのです。
当院では患者さんの口腔内に適したブラッシング方法を指導しています。
自己流のブラッシング方法は磨き残ししやすいもの。
正しいブラッシング方法を身に付けて、お口の健康を守りましょう。

 

フッ素塗布
フッ素塗布

歯の表面は、硬いエナメル質で覆われていますが、一度虫歯になるとそのエナメル質は溶け、内部へと虫歯が進行していきます。
フッ素には歯質を強化する働きがあるため、歯の表面に直接塗布することで虫歯に強い歯にできます。
また、歯の再石灰化を促進する作用もあるため、ごく初期の虫歯の治癒にも役立つことがわかっています。

 

PMTC
PMTC

PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの略で、医師などの専門家が専用の器具を使って行う歯のクリーニングのことです。
歯と歯肉の間や歯と歯の間のプラークは、セルフケアだけでは完全に除去できず、徐々に口腔内の衛生状態を低下させてしまいます。
定期的にPMTCを行うことで、歯を徹底的に清掃し、よいコンディションを保ちます。

 

シーラント
シーラント

奥歯と奥歯が咬み合う面にある溝は食べかすが詰まりやすいため、ブラッシングしにくく、虫歯になりやすい場所となっています。
その溝に歯科用プラスチックを詰めて滑らかにする処置がシーラントです。
これによって奥歯に食べかすが詰まりにくくなり、清掃もしやすくなります。

pagetop